Akiko Profile【プロフィール】

  1. MUCAL HOME
  2. Akiko Profile【プロフィール】

小坂明子プロフィール

筆名小坂明子  こさかあきこ  AKIKO KOSAKA
芸名小坂明子  コサカ・アキコ
生年月日1月2日  山羊座
血液型A型
出身地 兵庫県
出身校大阪音楽大学付属高等学校ピアノ科卒業
趣味パソコン(iMac他)
好きなアーティストクインシー・ジョーンズ、デビット・フォスター、ジェローム・カーン、ヘンリー・マンシーニ

楽歴

  • 3歳よりピアノを習い始める。
  • 5才頃から家にあったピアノの本を片っ端から弾き語りして1日中ピアノと戯れていた。
    その頃からすでに初見はバリバリだった。
  • 神戸大学付属中学校のブラスバンド部でアルトサックスとクラリネットを担当する。
  • 大阪音楽大学付属高等学校ピアノ科2年生の時、授業中にノートの隅に「あなた」を書き、作曲する。
  • 昭和48年、当時大好きだったガロに会いたい一心で、第6回ヤマハポピュラーソングコンテストに「あなた」を応募、関西・四国決勝大会で入賞する。
  • 10月、合歓本選会入賞、新人歌唱賞受賞、合歓グランプリ大会ではグランプリを受賞。
  • 11月、第4回世界歌謡祭では、最優秀グランプリに輝く。
  • 昭和48年12月21日、ワーナーパイオニアより「あなた」でデビュー。1ヶ月で発売枚数100万枚を突破。3ヶ月で165万枚を売り上げ、ポップス界の歴史的大ヒットとなる。現在では200万枚以上を売り上げている。
  • 昭和49年、「あなた」で第2回中野サンプラザ音楽祭熱演賞グランプリ受賞、同年フジテレビFNS音楽祭ホープ賞、読売テレビ放送新人賞等受賞。
  • 昭和49年12月、NHK紅白歌合戦に出演する。
  • 昭和54年4月、9枚目シングル「ジューンブライド」でSMSレコードに移籍。
  • 昭和57年6月、10枚目シングル「コバルト色の天使」で日本フォノグラムに移籍。
  • 昭和57年10月、スリムになった事が話題になりダイエット体験エッセイ「あきらめないで」を出版(双葉社)、ベストセラーとなる。
  • 昭和58年2月、通算5枚目のアルバム「Again」を発売、同時に13枚目のシングル「Bye Bye Jealousy」を発売する。
  • 昭和59年より、再度活動拠点を東京に移す。
    レコード会社に所属せずフリーとなり、音楽家としてポップス、テレビアニメソング、CMソング、童謡、舞台音楽、ゲーム音楽等の作詞・作曲・編曲・歌・音楽監督・歌唱指導・プロデュース等を行なう。
    かかわった作品曲数は 2000曲を数え、多岐にわたる才能は称賛をあびている。

【最近の活動】

  • 平成18年5月、東京新聞 連載エッセー「わが街 わが友」を10回にわたり執筆。好評を得る。
  • 平成18年5月、日本テレビ・アミューズ制作ザ・ミュージカル地球ゴージャス「HUMANITY」の歌唱指導を担当。
    脚本・演出・作詞・出演:岸谷吾朗(東京、大阪公演10万人動員ミュージカル)
  • 平成18年6月、TVアニメ「貧乏姉妹物語」(原作:かずといずみ/TV-朝日/東映アニメーション)の音楽を担当する。
  • 平成18年8月、23年ぶりにオリジナルピアノインストアルバム「Pianish」をリリース。
    ワールド(20カ国)デジタル配信ではヨーロッパでニューエイジ部門で数カ国1位を獲得。
    国内でも積極的にライブやコンサートを行い、そのサウンドは再び多くの人を魅了する。
  • 平成18年9月、愛・地球博閉幕1周年記念事業モリゾー&キッコロミュージカル「あした」の音楽を担当する。(音楽監督・作曲・編曲・歌唱指導)主催:(財)2005年日本国際博覧会協会
    脚本・演出・作詞:武田直樹(名古屋市民会館大ホール、センチュリーホール)7回公演 制作:(株)ADK/劇団飛行船
  • 平成19年1月、生誕50周年記念ライブを南青山マンダラで開催。
  • 平成19年4月よりNHK教育テレビ「モリゾー&キッコロ 森へ行こうよ!」の音楽を担当する。(毎週土曜日AM9:00~9:15)
  • 平成19年5月23日〜平成19年6月2日「Pianish Garden Tour 2007」として関西、関東のライブハウス6カ所でライブを行う。
  • 平成19年7月1日、俳優:藤本隆宏のブルースアレイ(東京目黒)ファーストライブ〜SIZUKU〜をプロデュース、ゲスト出演、ピアノ演奏する。
  • 平成19年7月、名古屋EXPO環境保護組織 愛・地球通信株式会社のeco応援ソング曲「ちきゅうとのやくそく」(作詞・作曲・編曲・演奏・歌)をプロデュース、制作。8月絵本CDが発売される。
  • 平成19年12月15日〜12月9日「Pianish Garden Tour 2007」として大阪、広島、福岡のライブハウス3カ所でライブを行う。
  • 平成19年12月19日、デビュー35周年記念スペシャルコンサート「White Pianish Garden〜クリスマスローズの日」を東京新橋ヤクルトホールにて開催する。
  • 平成20年3月、平成21年5月公開映画「初恋 夏の記憶」原作:ツルゲーネフ 監督:野伏翔 出演:多岐川華子、山田健太他の音楽を担当する。
  • 平成20年6月、オリジナルCDピアノインストアルバム「Pianade」、デビュー35周年記念コンサートライブ盤「White Pinanish Garden〜クリスマスローズの日〜」DVDを発売する。
  • 平成20年5月〜7月CD「Pianade」&DVD発売記念ライブを東京、福島、大阪、名古屋、広島、福岡等でライブ開催。
  • 平成20年7月、スペイン・サラゴサ国際博覧会 愛・地球理念継承発展記念事業モリゾー&キッコロミュージカル「Manana」〜あした〜の音楽を担当する。スペイン・サラゴサ国際博覧会に同行、クロージングイベントで歌を披露する。
  • 平成20年9月、東京ブルースアレイジャパンで小坂明子プロデュース「One Night Twinkle」を石井一孝、シルビア・グラブ、藤本隆宏の4人でライブを開催、ミュージカル界の共演者とのコラボレーションは新しい試みとして大成功を収める。
  • 平成20年12月、「White Winter Pianade Tour2008」のライブを東京、神戸、広島、松山でライブ開催。
  • 平成21年3月、東京ブルースアレイジャパンで小坂明子プロデュース「One Night Twinkle Vol.2」をシルビア・グラブ、藤本隆宏、大澄賢也の4人でセカンドライブを開催、前回よりさらに動員が増え、サードステージがまたれる。
  • 平成21年3月、「ビルボードライブ福岡」「ビルボードライブ大阪」でビルボードライブを開催。
  • 平成21年7月、大阪、広島で「AKIKO KOSAKA with DUO GUITAR」ギター:古川望、松下誠とライブを開催。
  • 平成21年11月、東京ブルースアレイジャパンで小坂明子プロデュース「One Night Twinkle Vol.3」を開催。小坂明子、石井一孝、シルビア・グラブ、小西遼生、4人でのパフォーマンスライブ。4thステージがまたれる。
  • 平成22年2月、TARAKO&渡辺菜生子、NAO-TA Produce 第6回公演「rit.」の音楽、音楽監督を担当する。大好評で再演がまたれる。
  • 平成22年3月、社団法人非破壊検査協会のTV-CMソングを作詞・作曲・編曲、4月よりNTV番組「皇室日記」で使用される。
  • 平成22年3月、27年ぶりにボーカル曲「遠い夜に抱かれて」をリリース。
  • 平成22年3月25日、4月2日、ブルースアレイジャパンでCD発売記念ライブ開催。
  • 平成22年5月、上海万博の日本館イベントモリゾー&キッコロミュージカル「ココロのまほう」の音楽、音楽監督をスペイン・サラゴサ国際博覧会講演に続き、担当する。
  • 平成22年7月22日、原宿La Donnaでピアノソロライブ開催。
  • 平成22年9月19〜20日、原宿La Donnaで「One Night Twinkle Vol.4」を小坂明子、シルビア・グラブ、マルシア、藤岡正明の4人ライブ開催。

このページのトップに戻る

  • 小坂明子Profile
  • 楽歴